葡萄色に白露水玉竹林文様凛と美しい紗袷の薄羽織

5,900円(税込6,372円)

在庫状況 在庫無し

すっきりと伸びる笹の縞が染め出された薄鼠紅の縮緬地に、葡萄のような深く落ち着いた紅紫色の紗地を重ね、白露を置いたような銀駒刺繍の水玉模様があしらわれた紗袷の意匠がしみじみと美しくぜいたくなオシャレを楽しめる薄羽織です。

美しく透ける紗地を透かして幽幻な竹林が浮かび上がり、「荷風 香気を送り 竹露 清響に滴る」(蓮をゆらし届く風が清々しい香りを運び、竹の葉の露が清らかな響きをたて落ちる)という孟浩然の詩の風情を思わせる凛と涼やかな装いをつくりだしてくれそうです。

日中は暖かくても、朝夕は着物一枚では心もとない秋や春のコーディネートにもぴったりで、カーデガンのように楽しんでいただけるとても便利なアイテムです。コーディネートの幅も広がり、少し自信のない帯結びを隠したり、アンティーク着物のダメージ隠しにもなってくれます。また、夏にはクーラー冷え防止のアイテムとしても役に立ち、春夏秋のスリーシーズン活躍してくれる価値ある一枚です。初夏や初秋の単着物のシーズンの気温調整のはおりものとしても大活躍してくれますし、夏にはクーラー冷え防止のアイテムとしても役に立ち、春夏秋のスリーシーズン活躍してくれる価値ある一枚です。

さらりとした手触りの、上品なツヤ感のでたしなやかな縮緬地に、ややざらっとした手触りの、適度な張りとシャリ感がありますがしなやかな、メッシュ状に透かしめのある紗地をかさねてあります。素材は正絹と思われ、仕立は手縫いです。

光の加減によって、ぐっと沈んでブラウンがかった暗い色みに見えたり、やや紫みが強く見えたり、赤みが強く見えたりします。

※手縫いかどうかについての判断は、スソまわりとソデまわり、ソデ付け、脇線の縫い目で確認しております。それ以外の部分ミシン縫いの場合は見逃しがあることがございますので、ご了承ください。

サイズ

袖丈
70cm63cm44cm
  • 丈は肩山から裾までの長さです。
  • 裄出しの長さの記載については、あくまで参考として掲載させていただいております。当店ではお直しは行っておりませんのでご了承くださいませ。また、裄出しの長さの記載がない商品につきましては、裄出しの余裕がないか、または袷仕立てのため、判別がつかないものになります。
  • サイズは、平置きにての実測のため、わずかな誤差がある可能性があります。
  • サイズについては、「着物のサイズについて」のページもご参照くださいませ。

状態

  • 写真(A)のように、右ソデの前後ともに、ソデ口付近に大きめのシミがでています。
  • ソデ口やその他数か所に、写真(C)のような薄茶ジミがでています。
  • その他、写真に写らない若干の小汚れや小キズ、うっすらとしたヤケ, アクやクスミがありますが、昔のお着物に慣れた方であれば、なんとかお召しになっていただける程度かと思います。
  • 検品には、できるだけ注意を払い、シミ・汚れ等を記載しておりますが、微小の汚れ等につきましては、見落としがある場合もありますので、ユーズド品であることにご理解いただきご購入をおねがいします。
  • 胴裏につきましては、ユーズド・アンティークの着物は、ホシやシミが生じているものが大半のため、状態が軽度のものにつきましては、記載を省かせていただいております。
  • 当店でお取り扱いしている着物の状態については、「姉妹屋について」のページの「着物の状態について」をご参照ください。

その他注意事項

  • 商品は、『羽織・コート』のみになります。写真のその他のアイテムは別売りまたは撮影用の参考商品です。
  • 写真につきましては、実際の商品に近くなるよう努めておりますが、モニターの違いや光のあたり具合により、色や雰囲気が実物とやや異なる場合がございますので、ご了承ください。

おすすめコーディネート商品

おすすめコーディネート商品